かぼちゃのキヌア詰め (ヴィーガン、グルテンフリー)

Print Friendly, PDF & Email

かぼちゃのキヌア詰め

お店に行くとハロウィーンの飾りつけやパンプキンが目につくようになると、夏が終わって本格的な秋が到来したことを感じますね。先日スーパーで今季最初のかぼちゃを目にしたので、甘いかぼちゃが大好きな私は何を作るか考えもせずに1つ買ってきました。その後、このレシピを思いついて作ってみたのですが、おいしくできたので満足してます。キヌアと一緒に詰める野菜はお好きなものをお使いくださいね。

かぼちゃにはベータカロチン、鉄、ビタミンCとE、カリウム、および食物繊維が豊富に含まれています。またかぼちゃにはインスリンの生成に必須のコバルトも野菜の中で一番多く含まれているので、糖尿病の方にも適した野菜です。

以下の手順ではかぼちゃはオーブンで焼いていますが、蒸し器で蒸していただいてもかまいません。

材料 (2~4人分):

キヌア カップ1/2
ベジタブルブイヨン 1個 (または野菜コンソメスープの素)
かぼちゃ 1個
オリーブ油 大さじ1
玉ねぎ 1/2カップ、みじん切り
ピーマンまたはパプリカ 1/4カップ、みじん切り
マッシュルーム 5個、へたを取り除いてスライスする
レーズン 大さじ2

こしょう

手順:

  1. 小さな鍋にキヌア、水カップ1、ベジタブルブイヨン (または野菜コンソメスープの素) を入れて火にかけます。
  2. 沸騰したら弱火にして蓋をし、水分がなくなるまで約15分炊きます。
  3. 玉ねぎ、ピーマン、マッシュルームを切ります。かぼちゃの上の部分を切り落とし、種を取り出します。
  4. オーブンを180°C/350°Fに予熱します。
  5. フライパンにオリーブ油を熱し、玉ねぎとピーマンを入れて、玉ねぎが透明になるまで炒めます。
  6. マッシュルームを足してさらに炒めます。塩とこしょうで味を調えます。
  7. 炒めた野菜とレーズンを炊いたキヌアに加えて混ぜます。
  8. かぼちゃに7.のキヌアを詰め、切り落としたかぼちゃの上の部分で蓋をします。
  9. オープンで約60分、かぼちゃが柔らかくなるまで焼きます。最後の10分間は蓋を取ります。
  10. 愛と感謝のエネルギーを注入し、食卓に出します。

このレシピの英語のリンクはこちらです: Quinoa Stuffed Kabocha Squash



★以下の2つのブログランキングに参加しています。応援のクリック、どうぞよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 料理ブログ グルテンフリーへにほんブログ村
レシピブログ

メルマガ登録

Profile-picture-small

米国在住のホリスティックヘルスコーチが米国発の最新健康情報やスピリチュアル情報を、愛と光のエネルギーを埋め込んだ「本日のスマイル」画像と共にメールでお届けします。
『Inner Harmony Nutrition トップ20+ グルテンフリー/低糖質レシピ集』PDFファイルプレゼント中です!

関連のある投稿:

コメント

*