さつまいもとひじきのキヌア

Print Friendly

さつまいもとひじきのキヌア

日本ではさつまいもとひじきの入ったご飯をときどき見かけますが、それにヒントを得てごはんの代わりにキヌアを使ってみました。キヌアに代えることでグリセミック指数 (GI) が下がり、タンパク質と繊維の量が増加してヘルシーになります。

今回は写真を撮るのを忘れてしまったのですが、前日にキヌアを水に浸した後、24時間かけて発芽させました。発芽プロセスによって栄養素の吸収と消化力が向上します。次回は写真でご紹介したいと思いますが、簡単ですので是非一度お試しください。芽が出てくる様子を観察するのはおもしろいですよ。

材料 (4人分):

キヌア 1カップ
さつまいも 1 ~ 2本 (約360 g)、皮をむいて角切り
ひじき 大さじ3 ~ 4
だしの素 水2カップ分
塩 小さじ1/2

手順:

  1. (オプション) 前の日に、キヌアを洗って水に2時間浸します。その後ざるに移して水を切り、ざるの下にボウルを重ねて暗い場所 (キッチンキャビネットの中など) に24時間置いて発芽させます。その間、2回くらい (寝る前と次の日の朝) 水洗いします。
  2. さつまいもとひじきをそれぞれ別のボウルに入れて水に20分くらい浸します。
  3. 鍋にキヌア、さつまいも、ひじき、2カップの水を入れ、沸騰させます。
  4. 火を弱め、だしと塩を加えて蓋をし、水分がなくなるまで約20分炊きます。
  5. 火から下ろし、蓋をしたまま5分くらい蒸らします。
  6. 愛と感謝のエネルギーを注入し、食卓に出します。

このレシピの英語のリンクはこちらです: Quinoa with Sweet Potatoes and Hijiki



★以下の2つのブログランキングに参加しています。応援のクリック、どうぞよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 料理ブログ グルテンフリーへにほんブログ村
レシピブログ

メルマガ登録

Profile-picture-small

米国在住のホリスティックヘルスコーチが米国発の最新健康情報やスピリチュアル情報を、愛と光のエネルギーを埋め込んだ「本日のスマイル」画像と共にメールでお届けします。
『Inner Harmony Nutrition トップ20+ グルテンフリー/低糖質レシピ集』PDFファイルプレゼント中です!

関連のある投稿:

コメント

*