キャベツ、豆腐、ツナの炒め物

Print Friendly

キャベツ、豆腐、ツナの炒め物

このお料理は、去年ワシントンDCに住む友人のところに遊びに行ったときに、夕食に作ってくださった友人の得意料理です。私は普段はツナをほとんど食べないのですが、作るのが簡単でとてもおいしかったので似たようなお料理を再現してみることにしました。

ツナについて: できればホワイトツナ (ビンナガ) は避けて、ライトツナを購入してください。ライトツナはホワイトツナと比較して水銀の含有量がはるかに少ないからです。ツナを安全に食べられる頻度は性別、年齢、および体重によって異なります。英語のサイトになりますが、Environmental Working Group (米国の公衆衛生局) のウェブサイトにはツナ・カリキュレーターというページがあり、性別と体重 (ポンド単位) を入力すると、安全にツナを食べられる推奨頻度が表示されます。

材料 (2人分):

ごま油 大さじ1
キャベツ 6カップ、ざく切り
ライトツナ缶 2缶 (160 g)
有機豆腐 200 g
たまり醤油 大さじ1

こしょう
鰹節 少々 (オプション)
七味唐辛子 少々 (オプション)

手順:

  1. フライパンにごま油を入れて熱し、キャベツを入れ、塩をふりかけてキャベツが柔らかくなるまで炒めます。
  2. ツナと豆腐を加え、火が通るまで炒めます。
  3. 火を止め、醤油を回しかけ、こしょうを振りかけてかき混ぜます。
  4. 大皿に盛り、オプションで鰹節と七味唐辛子を振りかけます。
  5. 愛と感謝のエネルギーを注入し、食卓に出します。

このレシピの英語のリンクはこちらです: Cabbage, Tofu and Tuna Stir Fry



★以下の2つのブログランキングに参加しています。応援のクリック、どうぞよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 料理ブログ グルテンフリーへにほんブログ村
レシピブログ

メルマガ登録

Profile-picture-small

米国在住のホリスティックヘルスコーチが米国発の最新健康情報やスピリチュアル情報を、愛と光のエネルギーを埋め込んだ「本日のスマイル」画像と共にメールでお届けします。
『Inner Harmony Nutrition トップ20+ グルテンフリー/低糖質レシピ集』PDFファイルプレゼント中です!

関連のある投稿:

コメント

*