クランベリーティラミス (グルテンフリー、低GI)

Print Friendly, PDF & Email

クランベリーティラミス

クランベリーは最も高い抗酸化力を持ち、癌に対抗できるフルーツだってご存じでしたか? 抗酸化力に関しては、ブルーベリーよりも、その他のどのフルーツよりも高いことが最近の研究でわかっています。またグリセミック指数/負荷がとても低いので、ほかの甘いフルーツのように血糖値が上がることもありません。クランベリーが店頭に並ぶこのクリスマスの時期に、是非作ってみてください。

米国にお住まいの方は、スポンジを作る代わりに市販のグルテンフリーのレディーフィンガーを1.5袋分使っていただいてもかまいません。日本ではグルテンフリーのレディーフィンガーは入手できないと思いますが、グルテンフリーにこだわらなければ普通のレディーフィンガーでもかまいません。ただしレディーフィンガーを使った場合、グリセミック指数は高くなります。

材料 (9人分):

スポンジ:
グルテンフリーミックス粉 3.5 カップ (私はアーモンドプードルとオーツ粉を5対2の割合で混ぜ、さらにココナッツパウダーを大さじ4、キサンタンガム 小さじ1を加えました。市販の「ホワイトソルガムを使ったお菓子ミックス粉」を3.5カップ使う場合はこの下のベーキングパウダーと甘味料の2つの材料を省いてください。)
ベーキングパウダー 小さじ1
ラカントまたはココナッツシュガー 1/2 カップ
卵 2個、ほぐしておく
豆乳 1/3 カップ

お茶:
水 100 ml
クランベリーティーのティーバッグ 1袋 (フルーツティーならなんでもいいです)
ラカントまたはココナッツシュガー 小さじ1

トッピング:
生または冷凍のクランベリー 2.5カップ
水 200 ml
ラカントまたはココナッツシュガー 125 ml
塩 ひとつまみ
ライム汁 大さじ2
片栗粉 小さじ2

クリーム:
卵黄 2個 (オプション)
マスカルポーネチーズ 225 g
ラム酒 50 ml
バニラエッセンス 小さじ1
ラカントまたはココナッツシュガー 大さじ4
生クリーム 300 ml

手順:

  1. オーブンを180ºCに予熱しておきます。20 cmの正方形の型にクッキングペーパーを敷き詰めます。
  2. ボウルにグルテンフリー粉、ベーキングパウダー、甘味料、とき卵を入れてよく混ぜます。徐々にミルクを入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜます (ミルクの量は調整してください)。
  3. 2. を型に移し、オーブンで20分焼きます。
  4. スポンジをクッキングペーパーごと取り出してラックの上で冷まします。
  5. スポンジを焼いている間に100 mlの水を湧かし、ティーバッグを入れてお茶を作ります。甘味料を小さじ1加えます。
  6. 鍋にクランベリー、水、甘味料、塩を入れて火にかけます。
  7. 沸騰したら中火にし、クランベリーが柔らかくなるまで5~10分煮ます。
  8. 片栗粉をライム汁で溶かし、鍋に入れます。1分程度、とろみが付くまでかき混ぜて火から下ろします。
  9. ボウルに卵黄 (使う場合)、チーズ、ラム酒、バニラエッセンス、甘味料を入れてよく混ぜます。
  10. 別のボウルに生クリームを入れて角が立つまで泡立てます。
  11. 9. を加え、再度角が立つまで泡立てます。
  12. スポンジを横に2等分し、2枚にします。
  13. 1枚のスポンジの切った面を上にして型に戻します。
  14. 刷毛でスポンジに半量のお茶を含ませます。
  15. クリームの半量を流し入れ、平らにします。
  16. もう1枚のスポンジを切った面を上にして載せ、残りのお茶を含ませます。
  17. 残りのクリームを流し入れ、平らにします。
  18. クランベリーのトッピングを上に載せて平らにします。型をラップかホイルで覆い、数時間または一晩冷やします。
  19. 愛と感謝のエネルギーを注入し、切り分けて食卓に出します。

このレシピの英語のリンクはこちらです: Cranberry Tiramisu



★以下の2つのブログランキングに参加しています。応援のクリック、どうぞよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 料理ブログ グルテンフリーへにほんブログ村
レシピブログ

メルマガ登録

Profile-picture-small

米国在住のホリスティックヘルスコーチが米国発の最新健康情報やスピリチュアル情報を、愛と光のエネルギーを埋め込んだ「本日のスマイル」画像と共にメールでお届けします。
『Inner Harmony Nutrition トップ20+ グルテンフリー/低糖質レシピ集』PDFファイルプレゼント中です!

関連のある投稿:

コメント

*