トマトのムース

Print Friendly

トマトのムース

今週は、オーガニック農家や友人の野菜畑からいただいたトマトが冷蔵庫に大量に転がってまして、今週末から休暇で旅行に行くのでそれまでに食べなければと必死になって使い方を考えています。このレシピも頭をひねって考えたものの1つです。このムースは比較的簡単にできましたが、お客様がいらしたときなどは飾り方を工夫するとちょっとおしゃれな前菜になりますよ。ここでは甘味料をあまり使わずに甘さを出すために苺も加えてみました。それでも前菜として作ったので甘さ控えめですが、デザートとして作る場合は甘味料を増加してください。

なめらかな口当たりにするためにトマトは皮を剥いてください。剥き方がわからない方は、「トマトの皮の剥き方」と入力してインターネットで検索していただくとたくさん情報が出てきますので、ここでは省略させていただきます (ずぼらですみません)。

容器に入ったトマトのムース

材料 (約12人分):

牛乳または豆乳 100 ml (私は自家製アーモンドミルクを使いました)
生クリーム またはコーヒーフレッシュ 50 ml (私はココナッツミルクのコーヒークリーマーを使いました)
トマト (大) 3個
苺 6個、へたを取っておく
寒天パウダー 小さじ2
レモン汁 大さじ2
蜂蜜または他の甘味料 大さじ2
塩 小さじ1/8

手順:

  1. 計量カップに牛乳 (または豆乳等) と生クリーム (またはコーヒーフレッシュ等) を入れ、しばらく放置して室温にします。生クリームを使わずに牛乳 (または豆乳等) だけで作ることも可能です。
  2. トマトの皮を剥き (上のメモ参照)、大きなざく切りにします。
  3. トマトと苺をミキサーに入れ、なめらかな液体状になるまで混ぜます。
  4. 鍋に100 mlの水と寒天を入れて火にかけ、絶えずかき混ぜながら沸騰させます。
  5. 約1カップの3. の液体を入れ、2分ほどかき混ぜてから火を止めます。
  6. 残りの3. の液体と、1. のミルク、レモン汁、塩、蜂蜜を加えてよく混ぜます。
  7. 6. を容器に入れて冷まします。
  8. 7. が冷めたら冷蔵庫に入れ、2時間以上または一晩冷やします。
  9. 食べる直前に各皿に盛り付け、愛と感謝のエネルギーを注入して食卓に出します。

このレシピの英語のリンクはこちらです: Tomato Mousse

 



★以下の2つのブログランキングに参加しています。応援のクリック、どうぞよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 料理ブログ グルテンフリーへにほんブログ村
レシピブログ

メルマガ登録

Profile-picture-small

米国在住のホリスティックヘルスコーチが米国発の最新健康情報やスピリチュアル情報を、愛と光のエネルギーを埋め込んだ「本日のスマイル」画像と共にメールでお届けします。
『Inner Harmony Nutrition トップ20+ グルテンフリー/低糖質レシピ集』PDFファイルプレゼント中です!

関連のある投稿:

コメント

*