ブルーベリーとレモンのリコッタチーズケーキ

Print Friendly

ブルーベリーとレモンのリコッタチーズケーキ

実は先日イタリア旅行に出かけて帰ってきたばかりで、まだ気分はイタリアンなのでこの週末はイタリアンぽいデザートを考えてみました。イタリアでパスタやビザがおいしいのは予想していましたが、一番感動したのが新鮮なリコッタチーズやモッツァレラチーズです。とにかくこんなに美味しいチーズはアメリカでは食べたことがないっていうくらい、印象に残っています。一度本物の味を知ってしまうとこれまで食べていたものに戻るのはとっても難しいので、いつか生のオーガニックの牛乳が手に入ったら家でリコッタチーズやモッツァレラチーズ作りに挑戦して似たような味を再現できるかどうか試してみたくなりました。

いずれにしても、このチーズケーキはクリームチーズよりも脂質、炭水化物、カロリーが低いリコッタチーズを使っているので軽めです。それにリコッタチーズにはクリームチーズよりもミネラルが多く含まれています。そしてレモンとブルーベリーが新鮮な味わいをさらに挽き立ててくれます。ただ日本ではリコッタチーズってけっこうお値段がしますよね。実はリコッタチーズって意外と簡単に手作りできて安上がりなので、興味がある方はネットでレシピを検索して手作りしてみてくださいね。グルテンフリーにこだわらない方は普通のグラハムクラッカーなどのクラストを使っていただいてもかまいません。

材料 (18 cmの底の抜けるチーズケーキ型):

クラスト:
オーツ 1/3カップ、フードプロセッサーで砕いたもの
アーモンドプードル 1/3カップ (またはアーモンドスライスをフードプロセッサーで砕いたもの)
ココナッツシュガーや甜菜糖などの自然甘味料 大さじ1
バターまたはココナッツオイル 大さじ2 1/2、溶かしておく

フィリング:
卵 2個
ココナッツシュガーや甜菜糖などの自然甘味料 1/3カップ
アーモンドエッセンス 小さじ1/2 (オプション)
リコッタチーズ 454 g
レモン 1個
生のブルーベリー 1カップ

手順:

  1. 砕いたオーツ、アーモンドプードル、および大さじ1の甘味料をボウルに入れて混ぜます。
  2. 溶かしたバターまたはココナッツオイルを加えてさらに混ぜます。
  3. 2. を18 cmの底の抜けるチーズケーキ型の底に敷き詰め、冷凍庫または冷蔵庫に入れておきます。
  4. 卵を卵黄と卵白に分け、卵白を角が立つまで泡立てます。
  5. レモン1個分の皮をおろし、その後レモン汁を絞ります。
  6. オーブンを165°Cに温めておきます。
  7. 別のボウルに卵黄、甘味料、アーモンドエッセンスを入れて混ぜます。
  8. リコッタチーズ、レモンの皮と汁を加え、さらに混ぜます。
  9. 卵白をさっくりと混ぜ合わせます。さらにブルーベリーを加えて軽く混ぜます。
  10. オーブンで80分焼きます。
  11. カウンターの上で冷まし、その後ラップして冷蔵庫に入れて数時間または一晩冷やします。
  12. チーズケーキを型から出し、愛と感謝のエネルギーを注入し、食卓に出します。

このレシピの英語のリンクはこちらです: Blueberry and Lemon Ricotta Cheesecake



★以下の2つのブログランキングに参加しています。応援のクリック、どうぞよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 料理ブログ グルテンフリーへにほんブログ村
レシピブログ

メルマガ登録

Profile-picture-small

米国在住のホリスティックヘルスコーチが米国発の最新健康情報やスピリチュアル情報を、愛と光のエネルギーを埋め込んだ「本日のスマイル」画像と共にメールでお届けします。
『Inner Harmony Nutrition トップ20+ グルテンフリー/低糖質レシピ集』PDFファイルプレゼント中です!

関連のある投稿:

コメント

*