小豆のブラウニー (グルテンフリー、ヴィーガン、マクロビオティック)

Print Friendly

小豆のブラウニー

アメリカでは黒豆を使ったブラウニーのレシピをときどき見かけることがあります。黒豆のブラウニーは健康志向な方々やフィットネス愛好者に特に人気があるようです。ある日、黒豆がブラウニーに合うのなら小豆も合うはずだと思ってこのレシピを考えてみました。ココアパウダーにはカフェインが含まれているので、カフェインを取りたくない方はキャロブで代用してみてください。

材料(9人分):

小豆(乾燥)、洗ったもの 1カップ
チアシード 大さじ2
ココナッツシュガーや甜菜糖などのナチュラルな甘味料 125 ml
ココアパウダー 125 ml
無糖アップルソースまたはりんごをすったもの 大さじ4
バニラエッセンス 小さじ1
塩 1つまみ
胡桃、砕いたもの 125 ml
型に塗るためのバターまたは油
粉糖(オプション)

手順:

  1. 小豆を2時間~一晩、水に浸します。
  2. 水を捨て、新しい水を加えて火にかけ、沸騰させます。火から下ろし、水を捨てます。
  3. 小豆の3倍の量の新しい水を足し、再び火にかけて沸騰させます。火を弱め、少しずらして蓋をし、豆が柔らかくなるまで45 ~ 60分煮ます。圧力鍋の場合は圧がかかってから10 ~ 12分煮ます。ざるにあけて水を捨てます。
  4. オーブンを180°C/350°Fに予熱します。
  5. 小さいボウルにチアシードと大さじ6の水を入れ、少なくとも15分放置しておきます。このチアシードジェルは卵の代わりに使用できます (卵1個 = チアシード大さじ1 + 水大さじ3)。
  6. フードプロセッサーに小豆、チアシードジェル、砂糖、ココア、アップルソース、バニラエッセンス、および塩を入れて混ぜます。
  7. 6をボウルに移し、胡桃を混ぜます。
  8. 油かバターを塗った20 cmの正方形の型に7を入れてオーブンで約45分焼きます。オーブンから出して冷まします。
  9. 粉糖を茶こしで振りかけ、切り分けます。愛と感謝のエネルギーを注入して食卓に出します。

このレシピの英語のリンクはこちらです: Adzuki Bean Brownies (Gluten-Free, Vegan and Macrobiotic)



★以下の2つのブログランキングに参加しています。応援のクリック、どうぞよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 料理ブログ グルテンフリーへにほんブログ村
レシピブログ

メルマガ登録

Profile-picture-small

米国在住のホリスティックヘルスコーチが米国発の最新健康情報やスピリチュアル情報を、愛と光のエネルギーを埋め込んだ「本日のスマイル」画像と共にメールでお届けします。
『Inner Harmony Nutrition トップ20+ グルテンフリー/低糖質レシピ集』PDFファイルプレゼント中です!

関連のある投稿:

コメント

  1. 初めまして。
    グルテンフリーで検索していたらたどり着きました。
    とても美味しそうです!
    チアシードを使わないでは作れないでしょうか?
    代用は何かありますか?

    • かなさん、はじめまして。
      ブログ見てくださりありがとうございました。
      ヴィーガンにこだわらなければチアシードは卵1個で代用できます。ヴィーガンの代用品としては、エッグリプレーサー、チアシードの代わりにフラックスシードを粉状にしたもの、プルーンをジャム状にしたもの、豆乳ヨーグルトなどで代用できるかと思います。
      よかったら試してみてください。

  2. ありがとうございます!
    フラックスシードなら常備してあります!
    やっぱり卵ありで作る味を知ってると違いにちょっと思うことがありますが、慣れていけたらなと思います。
    クックパッドの方も参考に見せて頂きます。
    ありがとうございました。

    • かなさん

      フラックスシードはバイタミックスなどの高速ミキサーを使うとすぐに粉状にできるのですが、お持ちでなければすりこぎですってみてください。粉状のフラックスシードはすぐに酸化するので冷蔵庫に保管して1週間以内に使い切るようにしてくださいね。

コメント

*